ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ

間違ったトイレのしつけをミニチュアダックスフンドに行わないようにしてください


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ペット保険は本当に必要? ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

トイレのしつけの仕方

ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドは、トイレのしつけが少し困難といわれています。
しかし、根気よくトイレのしつけを行うことによって、次第にトイレを覚えてくれます。
トイレのしつけを行う場合、気をつけないといけないことがあります。
それは、決して「怒らない」と言うことです。
極端に怒りすぎると、ミニチュアダックスフンドは萎縮してトイレを怖いものと思い込んでしまいます。
なので、決して怒り過ぎないようにしてください。

また、トイレの場所は変える事をしないでください。
せっかく覚えそうになって、トイレの場所が変わるとまた一からやり直しとなってしまうからです。
さて、トイレトレーニングで用意するものですが

・トイレトレイ
・ペットシート
以上で問題ないです。

ミニチュアダックスフンドを含め、犬全般は起床後、食事後、運動後、トイレに行きたくなります。
一般にトイレに行きたいサインと言うものがあります。

・床の臭いを頻繁に嗅ぎ始める
・クルクルと回り始める

このようなサインが出た場合は、「トイレ」に行きたいサインですので、トイレに連れて行くなどトイレトレーニングの準備に取り掛かりましょう。
特に子犬は1~2時間置きに排泄することもあるのでよく注意してください。
また、トイレが上手に出来た場合は、「しっかり褒める」事を忘れないようにしてください。
ある程度、トイレに連れて行ってトイレが出来るようになりましたら、自分でトイレにいけるようにトレーニングしてください。
トイレにすぐいける環境を作り、トイレが上手く出来ましたら必ず「褒める」事を忘れないようにしてください。
このように、辛抱強くトイレトレーニングを行うことによって、トイレが出来るようになります。

その他の注意点
特にオス犬に言えることですが、マーキングをすることがあります。

しかし、子犬のうちからさせないように習慣付けると問題ないでしょう。
万が一、全く違う場所に粗相した場合は、消臭剤などで臭いをしっかり消してあげてください。



                     つづき

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

ミニチュアダックスフンドのオススメ情報






ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。