ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ

しつけはミニチュアダックスフンドを飼う上で大切なことです


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ペット保険は本当に必要? ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

正しい犬のしつけってどうやるのでしょう?

ミニチュアダックスフンド


今あなたが行っている「しつけ」は間違っている!

こんな事を急に言われたらどうしますか?
でも、私から見ると、ほとんどの飼い主の行っている「しつけ」は間違いだらけです。
「怒ってはだめ」
「優しくしないとだめ」
「本を見れば分かる」 「昔からの習慣」

こんなしつけで、本当にあなたのしつけは正しいのでしょうか?

もし、あなたが「自分のしつけは絶対に間違いない」
と言われるなら、これ以上読まなくても良いですよ。

今現在あなたが行っているしつけが正しいのであれば、下記のような事は無いと思いますがいかがでしょう?

・無駄吠えをしてしまう
・勝手に食べ物を食べてしまう
・噛み癖がある
・トイレをしっかり覚えくれない

いかがでしょう?
皆さんのしつけでこのような事がありませんか?

このような事があるならば、あなたのしつけは間違っていると言うことです。

では、正しいしつけを行うのはどうしたら良いのでしょう?
本格的はしつけを行うには、一度プロのトレーナーを飼い主が受けるのが本当に一番です。
一度でも、本格的な指導を飼い主が受けると、しつけの方法が理解出来るようになります。

しかし、実際にトレーナーに教えてもらう機会はほとんど無いと思います。
理由は、あなたの家の近くに「ドックスクール」などは無い事が多いです。
しかし、私(管理人)がオススメするしつけの方法があります。

「TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座」です。

遠藤和博さんはの実績は

・TVチャンピオン 2回連続優勝者
・TV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて連続優勝
・TV東京 「ポチたま」にてベースボールドッグ“エルフ”のトレーナーを勤める
・訓練頭数1500頭以上(2008年5月現在)
・銀座三越(屋上訓練実演)
・住宅展示場(訓練実演)
・FCIインターナショナルドッグショー(訓練実演)
・ロイヤルホームセンター(しつけ教室講師)
・松戸市保健所(しつけ教室講師)
・TBS花王愛の劇場「勇気をだして」(出演のハスキー犬の訓練)
・「生でダラダラいかせて」木梨憲武さんに訓練指導
・「鉄腕ダッシュ」山口達也さんと共にダメ犬訓練
・各種雑誌で名トレーナーとして紹介されています。

こんな、遠藤和博さんのドックトレーナーならではのしつけの方法がご自宅で簡単に習うことが出来るんです。

その方法は、誰でも出来るようにプログラミングされているので、安心して実践してください。

「TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座」の詳しい内容は下記をクリックして頂ければご覧になれます。

ご自宅のワンちゃんが皆さんに愛される為にも、是非正しいしつけを身に着けてください。


                     つづき

ミニチュアダックスフンドのオススメ情報






ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。