ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ

ミニチュアダックスフンドのペット保険について


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ペット保険は本当に必要? ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

ペット保険は必要でしょうか

よく私の所への相談で「ペット保険は必要でしょうか?」という質問を受けます。
私は必ず「ペット保険は必要ですよ」とお答えしています。
何故かと言うと

いつあなたの飼っているミニチュアダックスフンドが
病気やケガに見舞われるかわからないのですよ。

実際に私の経験をお話します。
以前私が飼っていたミニチュアダックスフンドが病気
(その時は脾臓に腫瘍が出来て摘出手術をしました)
になったときに

・診察
・検査
・入院
・手術
・薬代
・通院

で総額20万円程かかりました。

特に、ミニチュアダックスフンドは「ヘルニア」にかかりやすい犬種です。
ヘルニアの治療にも高額な治療費がかかる場合があります。
実際に、ペットが病気やケガに見舞われると高額な費用がかかってしまうんです。
だからと言って

「お金がかかるから・・・・」

という理由で、病院で治療を受けさせないなんて皆さん出来ますか?

昔はペット保険などは無く大変でしたが、今はペット保険も料金も充実していています。
しかし、いったいどこの保険に加入したら良いのかわからないと言うお問い合わせも多く来ます。

ペット保険は多数の保険会社もあり、保険内容も色々なのが事実です。

ペット保険の一括資料請求【無料】

ペット保険に加入する前に、多数の保険内容を検討すると良いでしょう。

また、賢いペット保険の入り方ですが、生後1年間と7歳以降はペット保険に加入したほうが良いでしょう。
なぜかと言うと

・生後一年はケガや病気にかかりやすい。
・7歳以降は大病になるリスクが増える

以上の理由からこの期間はペット保険に加入したほうが私は良いと思います。

下記から一度の申し込みで、複数の保険の資料が無料でもらえますので、是非一度ペット保険の資料を無料でお取り寄せしてみてはいかがですか?

ミニチュアダックスフンドが健康な内にペット保険をご検討いただくことを私はお勧めいたします。

ペット保険の一括資料請求【無料】
つづき

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

ミニチュアダックスフンドのオススメ情報






ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。