ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ
***

ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法を紹介させていただきます


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ
« 2013年05月 | ミニチュアダックスフンドのトップへ | 2013年07月»

ミニチュアダックスフンドがシニアになったら

ミニチュアダックスフンドがシニアになったら
かかりやすい病気とは:
・椎間板ヘルニア:変性した椎間板が、脊柱管内に侵入し、さまざまな神経症状を引き起こす状態。
         ヘルニアが発生した位置により、症状や重症度は異なる。
         症状は、痛み、運動障害、麻痺。重症になると、四肢の完全麻痺や自力での排便や排尿が         難しくなる。
         ※椎間板ヘルニアはミニチュアダックスフンドに多い疾患です。首から頸部をひとつひと          にぎっていくと、異常がある場合は痛がるので、その場合は病院へ受診しましょう。
          適切な体重管理が大切です。過度なジャンプなどの腰に負担のかかる運動などは控えま          しょう。

2013年06月29日

肥満は犬の健康にも影響

人間同様、肥満は犬の健康にも影響を及ぼすので、褒めると同時にお菓子などを与えるのは止めて下さいね。
ミニチュア・ダックスフンドは育て方次第で、番犬にも成り得るんです。

2013年06月26日

犬が口にすることで大きな危険

足が短く、頭部がより地面に近いこともありますし、獲物の匂いを嗅いで追及していく
猟犬としての本能もあります。

悲しいことに日本の現状では、道端にはいろいろなものが落ちています。

タバコの吸殻や焼き鳥の串など、犬が口にすることで大きな危険を伴ってしまうものもあります。

また人が捨てたものでなくても、小さな石などを食べてしまえば、
腸に詰まって腸閉塞を起こしたりする可能性もあります。

拾い食いは、一度癖になってしまうと、なかなかやめられない困った問題でもあります。

2013年06月25日

協調性がある犬種なので

ミニチュア・ダックスフンドは犬同士の協調性がある犬種なので、多頭飼いも しやすいです。ただし、この犬種は、体型的に背中と腰が弱いので、高い所 からの飛降りには充分注意が必要です。例えば、ダックスフンドと猫を一緒に飼うような場合、 猫の身軽なジャンプをまねして、高い所から飛降り、大怪我を してしまうことが有りますので、気を付けましょう。

2013年06月22日

ヘルニアという病気

ミニチュアダックスフンドはヘルニアという病気にかかりやすいというデメリットもあります。ですので飼い主としてはその点に関して注意しておく必要があります。しかし、それ以外は非常に飼いやすいです。人気があるのはそういった飼いやすいという理由があるのですがその他にも理由があります。ミニチュアダックスフンドの性格は非常に賢いという点が上げられます。さらに、人になつき安く、楽しさを追求することが大好きな犬で飼い方はヘルニアに最大限注意しておけば非常に飼い方としては飼いやすい犬でしょう。

2013年06月21日

狂犬病の予防注射

生後90日以上経過したら必ず狂犬病の予防注射を受けなければなりま
せん。

予防接種後30日以内に、証明書を市区町村の役所に届けることが義
務付けられています。

届出は有料になり、登録をすると鑑札、ステッカー、注射済票が発行され
ます。

鑑札は首輪に付けて、ステッカーは玄関などに貼りましょう。

登録は初年度のみですが、予防接種は毎年受けなければなりません。

2013年06月14日

ミニチュアダックスフンドの過ごす時間

人間の子供の成長も早く感じるものですが、犬の成長はもっと早いです。あっという間に私達の年齢を追い越していき、駆け抜けるように過ぎていきます。いつまでも若くて元気と思い込みたいところですが、気がつけば老齢期を目の前にし、過ぎ去った時間が懐かしく思えたりもします。

2013年06月13日

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

お勧めのしつけの方法です

皆さんは、ミニチュアダックスフンドを含めた、ペットのしつけで悩んでいませんか?
困ったときには、「プロ」のアドバイスが一番ですね。
私がオススメする、しつけの方法です。ぜひご確認ください

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけの方法

ミニチュアダックスフンドの写真集

ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。