ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ
***

ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法を紹介させていただきます


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

ミニチュアダックスフンドは腰が弱いです

ミニチュアダックスフンドのように脚が短く胴が長い犬の場合、腰の病気が多く発症します。

ミニチュアダックスフンドは胴が長いため腰に負担がかかります。

胴長の体型ゆえに椎間板ヘルニアを発病する子が多い。この病気にかかると後ろ脚がマヒし立たなくなることがある。

ミニチュアダックスフンドが腰を振り、お知りを振って歩くようなしぐさをしだしたら要注意です。

対策として、
滑りにくい床材を使用したり、滑り止めを施してあげると良い。

思った以上に腰に負担がかかっているのです。

おかしいと感じたらやり過ごさづに、獣医さんに相談しましょう。

また、ミニチュアダックスフンドは耳がたれていることもあり、
外気にさらされないように思えるが、耳も汚れます。

月に1回ぐらいは耳掃除をしてあげましょう。

日時:2008年11月07日 00:17

« ミニチュアダックスフンドの購入の際のトラブル| ミニチュアダックスフンドのTOPへ |オスワリの練習方法 »

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

お勧めのしつけの方法です

皆さんは、ミニチュアダックスフンドを含めた、ペットのしつけで悩んでいませんか?
困ったときには、「プロ」のアドバイスが一番ですね。
私がオススメする、しつけの方法です。ぜひご確認ください

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけの方法

ミニチュアダックスフンドの写真集

ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。