ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ
***

ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法を紹介させていただきます


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

食べ物の与え方と量について

ミニチュアダックスフンドの身体に適した栄養素と量があるのです。

とはいえ、ミニチュアダックスフンドはそれを伝える術を持ちませんので、
飼い主の皆さんが犬の栄養必要量を知り、バランスのとれた
正しい食事を与えるよう心がけましょう。
栄養のある食事ときちんとした食習慣がミニチュアダックスフンドはの健康に繋がるのです。
どんな食事を与えるかにもよりますが、あくまで目安としての
成長過程別の1日当たりの食事の与え方は以下の通りです。

・生後2~3ヶ月
  市販の離乳食か、パピー用の高たんぱく、高カロリーのメニューを
  与えるのがベター。徐々に柔らかい度合いを少なくしていき、
 最終的にはそのままで食べられるようにしていきます。
  うまく消化出来ない時は1回の量を減らし食事の回数を増やしましょう。
  食事回数の目安は、1日3回です。

・生後4~7ヶ月
  引き続き栄養価の高いパピー用メニューを与えます。
  いきなり変えたりはせず、最初は新しい物を1~2割程度混ぜ、
  一週間くらいかけて混ぜる割合を増やしていきます。
  食事回数の目安は1日2回です。
  歯が抜けたり、あごが弱くなったら、食事を柔らかくして与えてあげます。

家に迎えたてのミニチュアダックスフンドに対しての食事は、しばらく(少なくても数日間)は、そのミニチュアダックスフンドの子犬がそれまで食べていたものを、同じ量、同じ回数、同じ時間に与えて行きます。

最初の内は、ペットショップやブリーダーに何を与えていたのかを聞いて
それを与えてあげると良いでしょう。これを一週間くらいかけて入れ替える量を増やしていき、最終的には完全に新しいものに切り替えます。

食事のしつけが出来ていないと、ちゃんと食事を与えていても
ゴミあさりをしたり、野外で動物(自分のも含む)の糞を食べてしまったりします。

腸の病気や伝染病にかからせないようにする為に、ミニチュアダックスフンドの子犬が家に来たその日から
食事をする場所、時間、食器を覚え込ませる為、食事は毎日同じ場所、時間、食器で与えます。
また食事前は「スワレ」、「マテ」、「ヨシ」の訓練が効率良く行なえます。
主従関係を徹底させる為にも毎日行ないましょう。
毎回10分くらいで食べ終わらせるようにしましょう。

成長すると、食べ物を食べてる際に、食べ物を守ろうとして、ご飯に近づく存在に
うなったりするケースがあります。
コレを防ぐ為に、3~4ヶ月の子犬のうちに食事の一部を手で与えたり、
途中で食器にフードを追加したりします。
むしろ食べ物を増やしたりしてくれる」と考えます。

次に食生活についてですが、これは栄養バランスのいい手作りのものが一番です。
出来るだけ多数の作物からとった酵素をとり入れてあげるのが理想です。

基本的に犬は何でも食べますが、ミニチュアダックスフンドには食べさせてはいけない物があります。

ネギ類(タマネギ、長いネギ)を始めとして、魚介類(タコ、イカ、海老、貝)、刺激物(唐辛子、胡椒、カレー)、固い骨(鳥や魚の骨) 、菓子類、
加工品(ハム、ソーセージ、ベーコン)その他にはシイタケや竹の子、ピーナッツ等があり、飲ませてはいけないものとしては、「水や犬用ミルク以外の物」です。

体質的にもしつけ的にも、人間が食べてる物を与えてはいけません。
たとえ人間の食事中に犬からねだられたとしてもです。
一度与えると貰い癖がつき、飼い主の食事中に無理やりにでも奪っていくようになります。

日時:2008年07月08日 18:49

« ミニチュアダックスフンドの性格を考えよう| ミニチュアダックスフンドのTOPへ |散歩はミニチュアダックスフンドにとっても大切なコミニュケーション »

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

お勧めのしつけの方法です

皆さんは、ミニチュアダックスフンドを含めた、ペットのしつけで悩んでいませんか?
困ったときには、「プロ」のアドバイスが一番ですね。
私がオススメする、しつけの方法です。ぜひご確認ください

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけの方法

ミニチュアダックスフンドの写真集

ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。