ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ
***

ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法を紹介させていただきます


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

フェラリアの予防について(ミニチュアダックスフンド編)

春になると蚊が出ます その蚊が媒介するミニチュアダックスフンドの病気と言えばフィラリアです
毎年毎年予防しなくてはならない病気です その予防法には いくつかあります


1.蚊取り線香を焚く
2.毎月1回投薬する
3.年に1回注射する
4.スポットタイプを滴下する

1の「蚊取り線香を焚く」に関してですが 蚊を殺すに越したことはありません。
確かに蚊は寄ってきづらいのかもしれませんが それ以上にミニチュアダックスフンドの行動範囲は広いです。ほとんど気休めみたいなものです

2の毎月1回投薬するに関してですが 投薬にも何通りかあります
錠剤のもの、顆粒のもの、ジャーキータイプのものなどです。

錠剤はたまに吐き出していることがあるので注意が必要です。

顆粒はフードに混ぜたり飲み水に混ぜたりすればイイので 比較的多くの病院で使われています。

ジャーキータイプのものは食いつきがかなりイイので 非常に楽です。
でもちょっと割高です

3の注射で予防に関してですが これは3年前に出来たものです。
1回の注射で半年間 効果が持続するものです。

毎月の投薬を忘れがちな飼い主さんや獣医さんにとっても 負担が軽く画期的な治療法として 徐々に採用している病院が増えてきています


近年の地球の温暖化によって、蚊の活動する時期が徐々に長くなってきています。

フィラリアの薬は約45日間以内に刺された場合のみ有効ですので、
動物病院での処方量が少なくちょっと心配な場合は、きちんと獣医さんに伝えて多めに処方してもらいましょう。

日時:2008年07月04日 14:38

« ミニチュアダックスフンドのトイレのしつけをしっかり行いましょう| ミニチュアダックスフンドのTOPへ |噛み癖をしっかりしつけして行きましょう »

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

お勧めのしつけの方法です

皆さんは、ミニチュアダックスフンドを含めた、ペットのしつけで悩んでいませんか?
困ったときには、「プロ」のアドバイスが一番ですね。
私がオススメする、しつけの方法です。ぜひご確認ください

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけの方法

ミニチュアダックスフンドの写真集

ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。