ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ
***

ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法を紹介させていただきます


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

歴史(ミニチュアダックスフンド編)

ダックスフンドの特徴をそなえた犬が突然出現したのではないのは当然です。
ダックスフンドの特徴である短肢長胴の体形をもつ犬の歴史は古く確かな事がわかっていませんが、紀元前2000年の古代エジプトのモニュメントがあり、フアラオを中央に、周囲にいろいろな動物を彫刻したものです。しかしこれが現在のダックスフンドと直接関連があるか否かは判然としません。


現在のダックスフンドの祖先犬

ダックスフンドの祖先と思はれる犬が絵画や書物に登場するのは、16世紀中頃(1561)の狩猟に関する記述です。
一説によると、この頃すでにロングヘアーダックスフンドが存在し水鳥猟に使われていたと言われています、いずれにしても当時のものは現在に比べると四肢はやや長く頭蓋の張った犬だったようです。

しかも体格的には随分差があり、ラビットテッケルあるいはカニンチエン(カニンヘン)と呼ばれ、野うさぎや野ねずみ等小型害獣駆除に使われる小型種から猪や鹿など大型獣を狩猟する際にグループで獲物を追い詰める役割を受け持つ大型種まで同じ犬種でありながら、その体格差は五倍以上におよんでいたそうです。

この頃はまだ犬種の純粋性を保つ重要な要件である血統登録や犬種標準の制定がなされる以前のことなので、犬種の特質を残すための系統的な繁殖が一部でされていた反面、他犬種との交雑も相当頻繁に試みられていたものと推察することができるでしょう。

現在単一の犬種標準で統括されているにもかかわらず、サイズ、毛種、毛色などが多種多様なのは、この事を証明していると言えるでしょう。

日時:2008年06月19日 23:03

« 首輪をミニチュアダックスフンドにつけるには| ミニチュアダックスフンドのTOPへ |留守番させるトレーニング方法 »

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

お勧めのしつけの方法です

皆さんは、ミニチュアダックスフンドを含めた、ペットのしつけで悩んでいませんか?
困ったときには、「プロ」のアドバイスが一番ですね。
私がオススメする、しつけの方法です。ぜひご確認ください

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけの方法

ミニチュアダックスフンドの写真集

ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。