ミニチュアダックスフンドの事ならお任せください

サイトマップ
***

ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法を紹介させていただきます


ミニチュアダックスフンドの飼い方としつけの方法のカテゴリ

★ミニチュアダックスフンドのトップ ★歴史と特徴について ★飼い方のワンポイント ★ミニチュアダックスフンドのしつけの仕方 その1 ★トイレのしつけの仕方 ★正しいドッグフードの選び方 その1 ★正しいドッグフードの選び方 その2 ★ミニチュアダックスフンドの正しいシャンプーの選び方 ★正しいシャンプーの方法 ★病気の予防と対策 ★散歩と健康管理について ★ミニチュアダックスフンドのリンク集 ★リンクについて ★サイトマップ

子犬の選び方は慎重に・・・

ペットショップでミニチュアダックスフンドの子犬を選ぶにあたっての最も重要なポイントは、絶対に衝動買いはせず、何軒もペットショップを回って比較してみる事です。

ただし目当てのミニチュアダックスフンドがいなくても取り寄せてくれるお店もあるので評判が高いお店や気に入ったお店があれば、店員に尋みましょう。

しかし、判断するのは子犬だけではありません。

本当に良いペットショップから
入手した子犬はその種類を問わず大変健康で育てやすくなっています。

では、良いペットショップの特徴をご紹介しましょう。これは店内の臭いや
ケージの中の排泄物がすぐに処理されているかなどを確認しましょう。

そして店員が親切で、ミニチュアダックスフンドについての知識が豊富であること。
(これが結構大切)

健康管理やその犬の仕入先等についてちゃんと説明してくれること。

逆に避けたほうがいいペットショップは基本的に上記の特徴の真逆になりますが、更に加えて、競り市場から仕入れているところは避けましょう。


また、子犬を親犬から引き離すのに適当なのは生後2ヶ月以降であるのにも関わらず、生後1ヶ月程度の子犬を販売しているところも避けましょう。

ミニチュアダックスフンドを購入する際には飼い始めた直後の病気や死亡時の保証、アフターケアなどもしっかり確認してください。

どこがいいのかわからない場合は、既にご近所でミニチュアダックスフンドを
飼っている方に聞いたり、インターネットでの口コミ等を参考にしてくださいね

日時:2008年06月24日 19:35

« 散歩トレーニングはミニチュアダックスフンドにも大切です| ミニチュアダックスフンドのTOPへ |目ヤニ取りは必ず行わなければいけないですよ »

管理者オススメペットグッズ

ドックフード 室内用品 ベッド 首輪・ハーネス・リード お出掛け・散歩 ウエア・レインコート ケア・衛生 トイレ おもちゃ しつけ 介護用品 オーナーグッズ

お勧めのしつけの方法です

皆さんは、ミニチュアダックスフンドを含めた、ペットのしつけで悩んでいませんか?
困ったときには、「プロ」のアドバイスが一番ですね。
私がオススメする、しつけの方法です。ぜひご確認ください

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけの方法

ミニチュアダックスフンドの写真集

ミニチュアダックスフンドの情報

ミニチュアダックスフンドは、ブラッドハウンドやバセットハウンドなどもダックスと同じ祖先を持っています。

以後ロングやワイアーなどが他犬種の交雑で誕生し、 ミニチュアの作出が始まったのは19世紀頃からということです。
その歴史が、今のダックスの特徴につながっています。

「ひっぱりっこ」などして遊ぶと、よく口にくわえたおもちゃを振り回したりしますが、それは獲物を 捕らえて息の根を止める時の動作だそうです。
ダックスのルーツをさらにさかのぼれば、 犬の祖先と言われているオオカミに行き着きます。ダックスフンドという犬種名は、 ドイツ語でダックス=穴熊、フント=犬からきています。

やみくもに抑えると犬はストレスを感じてしまいます。 遊びやトレーニングにうまく取り入れて、発散させてあげて下さい。